車 買い替えない

車を買い替えない選択をした場合は?お得なのか損なのか

長く車を使うなら、新品で購入するのが一番です。

 

中古ではある程度乗り回した実績がありますし、過去にどのような扱われ方をしていたかわからないため、寿命が短いことがよくあるからです。

 

ただし、新品で乗り回していても、下取り額が下がり始める5年5万キロや、車検が高くなる時期の10年10万キロを目安に買い換えを検討する人が増えてきます。

 

このときに買い替えない選択をした場合、損をするか得をするかの問題については、はっきりとした答えがない状態です。

 

両方の意見が飛び交っていますが、状況に合わせて買い替えない選択と買い替えの選択のいずれかを決断するのが一番良いといえます。

 

買い替えないことで得られるメリットは、貯金を確保しやすいことです。

 

特に目立った故障やメンテナンスする部分がなければ、高額な新品に買い換えるより乗りつぶしてしまったほうが、その間にお金を貯めやすくなります。

 

しかし、不具合が頻繁に発生するようなら、すぐに買い替えるのが無駄な費用が発生しなくなるためメリットがあります。

 

買い替えない状態が続くと、車検が高くなります。

 

買い替えずに高い車検に通したなら、その先2年間は乗り続けるという人が大半です。

 

つまり、この2年間を買い替えの判断の目安にするのが良いといえます。

 

判断に迷っていると再び高額な車検を通す必要に迫られるため、無駄な費用が発生しがちです。

 

また、この間に家族が増えて、使いにくくなったという理由で買い換える人もいます。

 

 

 

 

 

 


車の買い替えをする前におすすめな見積もり査定:

車の買い替えで自分の車を売る際に、まずどれくらいの高い値段で売れるのか?を調べた方がいいですね。

「Goo買取(グー買い取り)」という査定サービスなら、大ざっぱにでも所有する車の買い取り相場がわかるので、とてもおすすめです。

近場で良い買取店が見つかれば、そこに申込して買い替える際に先に売ることができます。

ここの「Goo買取」で簡単に調べられます